まずは無料体験

ブログBlog

高校生にビジネス教育が必要な理由とは?メリットもあわせて紹介

目次目次

    時代の変化に伴い、働き方も多様化してきています。会社員として働いている人や、自分で事業を経営している人など様々ですが、高校卒業後に社会で活躍するためには、高校生のうちからビジネス教育を受けておくことをおすすめします。そこで本記事では、高校生にビジネス教育が必要な理由と、ビジネス教育を受けるメリットについて解説します。将来起業を考えている高校生やその親はもちろん、起業やビジネスに興味がある方は全員必見の内容なので、ぜひ最後までご覧ください。

    ビジネス教育とは?

    社会に出て働くうえで基礎となる、ビジネス教育とはなんなのでしょうか。ビジネス教育とは、世の中に存在するビジネスモデルをもとに、ビジネスの作り方や経済に関する知識・スキルを学ぶ教育のことを指します。加えて、生きていくうえで欠かせない、お金に関する知識や管理方法についても勉強できます。

    それ以外にもビジネスにおいて最低限必要なマナーや、課題を見つけて解決する力も実践を踏まえながら身につけていきます。複数人でチームを組んでビジネスに関する各種ワークショップをしたり、ディスカッションしたりしながら、社会で必要とされるスキルや考え方を磨きます。

    これらのスキルは今後のビジネスシーンだけでなく、日常生活でも役立つ場面がたくさんあるので、高校生のうちから身につけておくことをおすすめします。

    高校生にビジネス教育が必要な理由3つ

    高校生でもビジネス教育が必要な理由は、大きくわけて3つあります。1つずつ解説します。

    1.社会に役立つスキルやノウハウを学べるから

    先述した通り、ビジネス教育は日常生活でも役立つスキルやノウハウを学べます。高校生のうちからスキルやノウハウを身につけておくことで、何か問題が起こったときに冷静に対処することが可能です。スキルやノウハウの具体例として、課題解決力や問題発見力といったスキルがあります。日常にもたくさんの問題や課題が存在するので、そういったことに対して自分なりの答えや解決策を考えることで、思考力や課題解決力が高まります。

    2.起業の大切さや凄さを学べるから

    ビジネス教育を受けることで、起業の大切さや凄さを体感できます。実際に起業するのは簡単ではありません。起業して新しく事業を作ることは、新しい雇用を生んだり、産業全体のイノベーションを促進したりと、社会にとって重要な効果をもたらします。また、社会問題を解決するために起業する人もたくさんおり、ビジネス教育はそういった起業の凄さや大切さを、肌で感じられるといった観点からもとても重要です。

    3.キャリアの多様性を学べるから

    ビジネス教育を受けることで、キャリアの選択肢を広げることができます。ビジネス教育は学校の授業では習わないような、社会から求められるあらゆることについて、実践的に学べます。新しい知識や考え方、働き方などを学ぶことで、自分自身の価値観がアップデートされ、結果的に視野が広がり、キャリアも同じく広げることができるのです。

    高校生がビジネス教育を受けるメリット4つ

    続いて、高校生がビジネス教育を受けるメリットについて説明します。メリットは大きく4つあります。

    1.基本的なビジネスの知識が身につく

    高校生がビジネス教育を受けることで、基本的なビジネスの知識を身につけられます。最低限のビジネス知識がなければ起業はおろか、社会に出てもなかなか通用しないのが現実です。早いうちからビジネスの知識を身につけることで、社会に出る準備ができます。

    2.お金に関する知識や正しい考え方が身につく

    ビジネス教育を学ぶことで、ビジネスに関するお金の知識や正しい考え方が身につきます。どんな仕事をするにしても、お金は切っても切り離せません。お金に関する管理方法や正しい運用スキルを身につけることで、より社会で活躍できる人材になれます。

    3.コミュニケーション能力が向上する

    ビジネス教育を学ぶことで、コミュニケーション能力が向上します。ビジネスシーンにおいて、さまざまな方とのコミュニケーションは欠かせません。ビジネス教育では、交渉やプレゼンテーション時に必要な、コミュニケーションスキルを学べるのが魅力です。

    4.チームワークやリーダーシップが学べる

    ビジネス教育を通してチームワークやリーダーシップについても効果的に学べます。ビジネスの現場では、組織をより良くするために円滑なチームワークや、組織を引っ張っていくためのリーダシップが求められることがあります。ビジネスは一人で完結しないため、チームビルディング力やリーダーシップについて学ぶことで、チームで仕事をするための力が身につきます。

    高校生でも起業家教育を学ぶ方法3選

    続いて、高校生でも起業家教育を学ぶ方法について紹介します。

    1.ビジネスコンテストに出場する

    全国各地で開催されているビジネスコンテストに出場することで、実際にビジネスをする大変さはもちろん、さまざまなビジネスのアイディアをインプットできます。また、出場するにあたって実際に新しいビジネスプランを考えることを通して、起業家としての考え方やスキルなどを磨けるのが特徴です。

    2.ビジネス教育が学べるスクールや講座に参加する

    ビジネス教育を受けられるスクールや講座に参加するのも、起業家教育には有効な手段です。ビジネススクールや講座では、ビジネスをするうえで大切な考え方やノウハウ、マインドなどを丁寧に教えてくれます。また、自分が考えたビジネスアイディアについてフィードバックをもらえることもあります。

    しっかりと基礎から丁寧に学びたい人はスクールや講座を受講するのをおすすめします。

    3.高校生向けインターンシップに参加する

    企業が高校生向けに開催しているインターンシップに参加してみるのも選択肢のひとつです。インターンシップに参加することで、座学や本で学ぶ内容とはまた違った、実践的な内容が体験できます。

    実際に働いてみることで、自分にその業務が合っているのかどうかが分かり、本当にやりたいことについて考えるきっかけになります。短期のインターンシップに参加するだけでも本当にたくさんの学びを得られるため、ぜひ機会があれば参加してみると良いでしょう。

    高校生からしっかりとビジネス教育を受けよう

    高校生がビジネス教育を学ぶ意義やメリットについて解説しました。学生の頃からキャリア教育を受けることで、社会に出てからすぐに役立つのはもちろん、コミュニケーション能力が向上したりお金に関する知識を得られたりと、これからの人生にも活かせる場面が多々あります。

    実際にビジネスコンテストに参加してみたり、ビジネススクールや講座に参加したりすることでビジネス教育を受けることができます。ビジネス教育を受けてみたいと感じている方はぜひ、本記事を参考にしてみてはいかがでしょうか。

    この記事をシェアする

    • Twitter
    • Twitter

    この記事を書いた人

    はたらく部LOG編集部

    はたらく部LOG編集部は、中高生のみなさまやその保護者の方々に役立つ情報を発信していきます。

    関連記事

    • 総合型選抜(AO入試)の活動報告書のわかりやすい書き方を解説!3つの例文あり

    • 学歴不問の意味とは?学歴不問の仕事や特徴を紹介

    • 高卒で起業して成功するコツと抑えておきたい向き・不向き

    • TOP
    • はたらく部Log
    • 高校生にビジネス教育が必要な理由とは?メリットもあわせて紹介