まずは無料体験

お知らせNews

alt

サービス

中高生むけキャリア教育「はたらく部」、「始動 Next Innovator 2023(起業家シリコンバレー派遣プログラム)国内プログラムに参加

株式会社NTTドコモの社内新規事業創出プログラム「docomo STARTUP」で企画検証された、中高校生向けキャリア教育事業「はたらく部」のサービスディレクター篠田 桂介は、次世代イノベーター育成プログラム「始動 Next Innovator」(運営:株式会社WiL)の2023年度 国内プログラムに参加します。「始動 Next Innovator」について「始動 Next Innovator」は、“Thinker to Doer”(考える人から行動を起こす人へ)をキャッチフレーズに、「シリコンバレーと日本の架け橋プロジェクト」※の一環として、ベンチャーに挑戦する人材や大企業で新事業に挑戦する人材等を広く公募・選抜、米国・シリコンバレーの投資家や起業家との関係構築を通し、イノベーションのキーパーソンとして育成するプログラムです。2015年度にスタートし、過去8年間で総勢約900名の多種多様な参加者たちは、アントレプレナー・イントレプレナーとして様々な場面で活躍しています。5期までの卒業生が興したスタートアップの時価総額は約700億円と、着実な成果に繋がっています。※「シリコンバレーと日本の架け橋プロジェクト」:政府が2015年4月30日に米国シリコンバレーで発表したプロジェクト。「人材」・「企業」・「機会」の観点からシリコンバレーの資源を活かすプログラムを実施することによって、グローバルに通用するイノベーションを持続的に創造する仕組みを形成することを目的としています。始動公式サイト:https://sido.jp/「はたらく部」としての挑戦子どもたちが育つ社会環境の変化、国や社会が求める次世代人材の育成の必要性に対し、学校などの教育現場におけるキャリア教育の実施は、現実的に困難な状況です。若年層は、みずからの将来の捉え方にも大きな変化があるなか、理想とするモデルが見つけづらく、将来への希望を抱きづらい社会になっています。「はたらく部」が解決に取り組むのは、副業社会人がコーチとして全国の中高生の伴走支援者となり、いきいきとはたらく大人と若年層が関わる機会を増やす仕組み。中高生が、親と先生以外のさまざまな社会人に相談できる状態により、学生時代からはたらくことを身近に感じ、社会に対して興味をもつことで、生き方の選択肢が増えることをねらいとします。「始動 Next Innovator」国内プログラムに参加する篠田 桂介は、「日本の未来を創る若年層が将来に希望を抱けない現状を変えたい」という想いからサービスディレクターとして、立ち上げの事業検証から現在まで、はたらく部のサービスコンセプトや顧客体験の戦略設計など、はたらく部のサービス全体のディレクションを行っています。日本の成長戦略と共に「はたらく部」の描く未来の実現に向けて、「始動 Next Innovator」の公式メッセージにある「 1人では解決できない重要な社会課題に立ち向かい、その解決に意欲をもって既存の枠を打ち破る覚悟をして、行動=挑戦を継続する人材=Doerを育成する」ねらいにある通り、プログラムに参加する篠田が、国内外で第一線で活躍する講師ならびにメンターとともに実践的な活動を遂行しながら、必要な知識・スキルを経験的に身につけ、イノベーターシップを発揮することをめざします。<プロジェクト概要:はたらく部>「はたらく部」は、株式会社NTTドコモの新規事業開発プログラム「docomo STARTUP」の協力の元、株式会社アルファドライブが運営する中高生向けキャリア教育サービスです。バーチャル空間で、現役社会人コーチと同世代の熱い仲間と社会について考えを深める中高生向けキャリアのオンライン部活です。全国どこからでも参加可能!住んでいる地域に関係なく、都市や地方で活躍している大人から学ぶことができます。■「はたらく部」公式サイト https://hatarakubu.jp ■ Instagram https://www.instagram.com/hatarakubu/ ■ Twitter https://twitter.com/hatarakubu ■ 生徒向けLINE https://lin.ee/LbYCnsJ ■ 保護者向けLINE https://onl.sc/azW4NX5

READ MORE

alt

サービス

中高生向けキャリア教育「はたらく部」、起業家の成田修造さんが特別顧問に就任

株式会社NTTドコモの社内新規事業創出プログラム「docomo STARTUP」で企画検証された、中高校生向けキャリア教育事業「はたらく部」は、 起業家の成田修造さんが、2023年11月付で特別顧問に就任したことをお知らせいたします。特別顧問就任の背景いま、日本は「新しい資本主義」の実現に向け、「未来人材ビジョン」や「スタートアップ育成5カ年計画」など、今後の日本経済を牽引する新しい人材育成の方針を示しています。しかし、教育界においては、アントレプレナーシップ教育の導入校は現状8.8%に留まるなど、次世代を創る人材育成の「理想と現実のギャップ」が生じている状況です。また、様々な調査から、日本の若者は世界的に見ても自己肯定感・効力感や社会参画の意欲、グローバルな世界への挑戦意欲が顕著に低く、自身の将来や国の将来に「希望を抱けない」ような環境下にあるといえます。さらに、自身の進路に関して「親族」「先生」といった身近な大人以外の社会人に相談をする学生は全国で2%しか存在しないというデータもあります(※進路相談の現状高校生と保護者の進路に関する意識調査 https://souken.shingakunet.com/research/2010/07/post-7a54.html)。それらの背景を踏まえ、現代の中高生が「自身や国の将来に希望を抱ける」ような社会を創りたいという着想から、はたらく部がスタートしました。日本の文化である「部活」のように、放課後、中高生が社会人コーチ・同世代の熱い仲間と「社会や自分」について考えを深め、「はたらく」を学べる場所です。現役の社会人と学ぶオンライン部室は、全国どこからでも参加できるため、住んでいる地域に関係なく同年代の仲間ができます。業界の第一線で活躍する現役の社会人がコーチとなり、中高生の学びや進路形成など継続的に伴走支援をしています。「社会を知る・自分と向き合う・実践してみる」ことが体験できるワークショップや、仲間・コーチとの対話により、自己の強みの発見や、将来の進路について考え、一歩踏み出すための機会を提供しています。成田さんは、2012年株式会社クラウドワークスに参画して以降、起業家精神を持ちながら、人生をかけて様々な挑戦をしてきました。「これからの時代を生き残るための指南書」として自身の生い立ちをもとに起業のノウハウ、思考法などを紐解く『14歳のときに教えてほしかった 起業家という冒険』を、2023年10月18日に発売したばかりです。これからの「はたらく部」の事業拡大に向けた特別顧問として招聘し、知見や経験、豊富な起業ノウハウなどを活かした多角的な視点で、事業運営、戦略に関わる助言支援、プログラムや企画に関する助言などをいただきます。

READ MORE

alt

イベント

キャリア教育学会 第45回研究大会で「はたらく部」代表の山本 将裕、リクルートワークス研究所の古屋 星斗氏が、研究成果を発表

株式会社NTTドコモの社内新規事業創出プログラム「docomo STARTUP」で企画検証された、中高校生向けキャリア教育事業「はたらく部」代表の山本 将裕は、2023年10月28日~29日に愛知教育大学で開催された「キャリア教育学会 第45回研究大会」の2日目に、リクルートワークス研究所の古屋 星斗氏と共に登壇。「はたらく部」の活動における研究成果を発表しました。キャリア教育学会 第45回研究大会について   <イベント概要>日時: 2023年 10 月28 日(土) 13:30〜18:0010 月29 日(日) 9:00〜15:10場所: 愛知教育大学(刈谷市井ヶ谷町広沢1)大会HP: https://jssce2023.onlinegakkai.com/(詳細は大会HPでご確認ください)大会概要28日(土)13:20〜18:00(予定)13:20〜16:00 公開シンポジウム「キャリア教育にかかわるものが持つべきマインドとは」第1部:実践の場から考える安東 深雪氏(町田市立小学校 校長,非会員)渡邊 江李賀氏(名古屋市立中学校 キャリアナビゲーター,非会員)鈴木 映司氏(静岡県立高等学校 教諭)第2部:研究者の視点から考える藤田 晃之氏(筑波大学)下村 英雄氏(日本労働政策研究・研修機構)司会:浦上 昌則氏 (南山大学)16:00〜17:00  研究交流会17:00〜18:00  定期総会29日(日)9:00〜15:10(予定)*1号通信から変更あり9:00〜10:30 会員企画シンポジウム10:40〜12:10 個人研究発表12:10〜13:10 昼休み13:10〜15:10  個人研究発表以下、公式サイトより『「キャリア教育」が導入されて 20 年以上経過した今、様々な立場の方が学校におけるキャリア教育にかかわってくださるようになりました。社会に開かれた教育課程を目指す中で、子どもたちのキャリア形成を多様な視点から支えられるようになってきたことは歓迎すべきことである反面、かかわる人によって「キャリア教育」に 対して描くビジョンが異なっていることも事実です。その違いを認めつつ、相乗効果として生かしていくためには、かかわる者がどのようなマインドを持つことが必要なのでしょうか。全国でも数少ない「職業指導」の教員免許状を出している愛知教育大学にて、会員のみなさまとともに「キャリア教育にかかわる者がもつべきマインドとは」をテーマに考えていきたいと思います。』引用元:キャリア教育学会 公式サイト https://jssce2023.onlinegakkai.com/「はたらく部」の活動における研究成果の論文を発表【学校外のオンライン空間における社会人との対話が中高生のキャリア探索にもたらす効果の一考察】と題し、リクルートワークス研究所の古屋 星斗氏とはたらく部代表の山本 将裕が「はたらく部」における研究成果を発表しました。

READ MORE

alt

サービス

【お申込み受付中】中高生向けキャリア教育「はたらく部」、 総フォロワー数60万人の現役インフルエンサー講師による 新講座「SNS動画クリエイターゼミ」を開講!

株式会社NTTドコモの社内新規事業創出プログラム「39works」で企画検証された、中高校生向けキャリア教育事業「はたらく部」は、新講座「SNS動画クリエイターゼミ」を開講しました。自らも人気Youtuber/Tiktokerとして活躍するトップクリエイターの「元教師すぎやま先生」と「シント【解説屋】」さんが講師として、直接指導。SNS動画クリエイターとしての秘訣をお伝えします。

READ MORE

alt

サービス

中高生向けキャリア教育「はたらく部」 公式サイト・アプリをリニューアル!

​株式会社NTTドコモの社内新規事業創出プログラム「39works」で企画検証された、中高校生向けキャリア教育事業「はたらく部」は、公式サイトをリニューアルしました。さらに、部員としての活動を管理できる専用アプリも、同時にリニューアルしたことをお知らせします。新公式サイトURL:https://hatarakubu.jp/

READ MORE

alt

サービス

Twitterフォロワー12万人の大人気パワポ芸人 「トヨマネ」さんがはたらく部の特別コーチに!

株式会社NTTドコモの社内新規事業創出プログラム「39works」で企画検証された、中高校生向けキャリア教育事業「はたらく部」に、Twitterで12万人のフォロワーをかかえる、今大人気のパワポ芸人・トヨマネさんが特別コーチに就任いたしました!トヨマネさんTwitterはこちら https://twitter.com/toyomane 

READ MORE

alt

サービス

中高生向けキャリア教育サービスを運営する【はたらく部】Plug and Play Japan アクセラレータープログラム Summer/Fall 2023 Batchに採択

株式会社NTTドコモの社内新規事業創出プログラム「39works」で企画検証された、中高校生向けキャリア教育事業「はたらく部」は、Plug and Play Japan株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:ヴィンセント・フィリップ、以下Plug and Play Japan)が実施するアクセラレータープログラムSummer/Fall  2023 BatchのFintech企業に対する協業を模索するためのプログラムに採択されたことをお知らせいたします。

READ MORE

alt

サービス

「はたらく部」副業社会人コーチ募集! ~はたらく楽しさを学生に伝え、やりたいことを後押ししませんか~

株式会社NTTドコモの社内新規事業創出プログラム「39works」で企画検証された、中高校生向けキャリア教育事業「はたらく部」は、はたらく楽しさを学生に伝えたい!と思っている副業社会人コーチを募集します。「こんな大人になりたい」「将来、はたらくのが楽しみ!」と、中高生から憧れられるような社会人の方、お待ちしています!

READ MORE

  • TOP
  • ニュース
  • 【はたらく部】全国の中高生に学校生活・キャリア教育に関わる意識調査を実施