まずは無料体験

Blog

alt

安定した職業10選!給料重視、ワークライフバランスどちらを選ぶ?

ナレッジ

近年、AIの進化やコロナ禍を経て働き方が大きく変わろうとしています。そのため、将来を見据えて安定した職業に就きたいと考える方も多いのではないでしょうか。本記事では、安定した職業とは何か、具体的な職業とともに紹介しています。就職や転職を考えている方はぜひ参考にしてみてください。そもそも安定した職業とは?そもそも安定した職業とは何でしょうか。何をもって「安定」とするかは人それぞれですが、ここでは安定した職業と判断するポイントを5つ紹介します。1.給料が安定しているまず1つ目のポイントは「給料が安定している」ことです。生活が保証されるだけの安定した収入が得られるということは、安定した職業と判断する上で欠かせない条件でしょう。2.スキルと経験が身につく2つ目のポイントは、「スキルと経験が身につく」ことです。もし会社が倒産しても転職することになっても、どの企業でも役に立つスキルや経験があれば再就職しやすく、安定して仕事につけるでしょう。場合によっては、独立や起業も可能になります。スキルをつけておくことで環境がどうなっても生きていけるという意味では、真の安定を手に入れられます。3.時代の流れに乗っている3つ目のポイントは、「時代の流れに乗っている」ことです。時代の流れに乗っている職業ということは将来性があり、この先も成長が見込めるといえます。IT業界のように業界自体が成長を続けている職業は、今後も市場を拡大していくことが予想され、継続した需要があることから安定した仕事を得られるでしょう。4.ワークライフバランスが取れている4つ目のポイントは、「ワークライフバランスが取れている」ことです。いくら高収入でも長時間労働が続くような職業では、安定して働き続けることは難しくなります。趣味や家族との時間を楽しめる余裕があり、自分が理想とするワークライフバランスを実現できると長く続けられるため、安定した職業といえるでしょう。5.離職やリストラが少ない5つ目のポイントは、「離職やリストラが少ない」ことです。新型コロナウイルス感染拡大のような突発的な経済打撃があったり、不況が続くとリストラや倒産する企業が増加します。そのような影響を受けにくい業界・業種を選ぶことは安定して仕事をすることにつながります。安定して給料がもらえる職業5選ここからは安定して給料がもらえる職業を5つ紹介します。1.公務員安定して給料がもらえる職業の1つ目は公務員です。公務員は安定した職業の代表格でしょう。公務員には県庁や市役所などの職員だけでなく、警察官や消防士、学校の教職員なども含まれます。公務員は滅多なことでは解雇されないため、リストラの心配はまずありません。また、給与だけでなく、賞与や退職金も安定してもらうことができます。2.営業職安定して給料がもらえる職業の2つ目は営業職です。いくらAIが発達したとはいえ、売り上げに直結する営業職はまだコンピューターに取って代わることはないでしょう。また、営業職で培ったコミュニケーション能力は、転職したとしても使えるスキルと経験のため、安定して仕事をすることができるでしょう。3.インフラ系安定して給料がもらえる職業の3つ目はインフラ系の職業です。ガス、電気、水道、通信といったインフラ系の職業は生活に必須であるため、安定した需要があります。また、倒産のリスクも少ないため、安定して給料がもらえるでしょう。4.IT系安定して給料がもらえる職業の4つ目はIT系の職業です。IT系の職業はインターネットに関する業務に就きます。インターネットは今や人々の生活に欠かせないものになっており、今後も成長が見込まれます。そのため、将来性があり、安定した給料がもらえるでしょう。また、エンジニアなどはスキルや技術が身につくため、転職や独立にも有利です。5.薬剤師安定して給料がもらえる職業の5つ目は薬剤師です。医療業界は景気や流行の影響を受けにくい業界です。特に、薬剤師のような資格を取得しておくことで、病院や薬局など多様な働き口があり、転職や再就職の際にも再雇用されやすく安定して仕事ができるでしょう。意外と安定していない職業5選安定していないとされる職業は、歩合制であったり、AIに代替される可能性のある職業を指します。具体的には以下の5つがあげられます。1.看護師意外と安定していない職業の1つ目は看護師です。看護師は国家資格で需要もあり、給料も安定しています。しかし、夜勤や3交代制などを前提とした働き方はライフワークバランスを考えると長くは続かないかもしれません。自分の生活スタイルに合った働き方ができる職場を見つけましょう。2.士業意外と安定していない職業の2つ目は士業です。弁護士、税理士、会計士などの士業は給料も高く、安定して仕事がありそうな職業です。しかし、弁護士は歩合制であることも多く、安定しているとは言いにくいのが現状です。また、現在でもクラウドサービスが使われているように、税理士や会計士が行う書類の作成や財政に関する計算などの仕事は今後AIに代替される可能性があります。3.銀行員意外と安定していない職業の3つ目は銀行員です。大手の銀行でも経営難からリストラを行うケースもあり、政府系金融機関以外の銀行は安定性に欠けるでしょう。また、窓口業務はAIに取って代わられる可能性があり、今後も人員削減が予想されます。4.介護士意外と安定していない職業の4つ目は介護士です。介護士は、賃金の低さや労働環境の悪さから就職後の定着率が低く、安定して働くのは難しいといわれています。しかし、少子高齢化が進む日本では、介護士の需要は高く、今後さらにニーズは増えるでしょう。そのため、資格取得による給与アップや労働環境の改善が期待されます。5.事務職意外と安定していない職業の5つ目は事務職です。AIに代替されやすい仕事が主な事務職は、今後需要が減る可能性があります。また、売上に直結しにくい部署のため、リストラの対象になりやすく、意外と安定していない職業の1つです。安定した職業に就くためにできることでは、安定した職業に就くためにできることとは何でしょうか?1.自己分析をするまずは自己分析をし、自分の強みややりたいことを明確にしてみましょう。自分の適性に合った職業を見つけることで長く安定して仕事に就くことができるでしょう。2.仕事に何を求めているのかをハッキリさせる自分が仕事に求めるものは何かを考えてみましょう。休みはなくとも高収入なのか、定時に帰れて毎月安定した給料をもらいたいのか、求めるものは人それぞれです。3.業界について調べる自分が希望する業種や職種について調べてみましょう。将来性があり、安定した働き方ができそうか客観的に判断しましょう。4.必要なスキルや将来のキャリアプランについて考える自分がやりたいことのために必要な資格やスキルがないか確認しましょう。また、資格取得には時間やお金がかかるものもあります。キャリアプランとともに考えることで、将来の見通しが立つでしょう。「安定した職業」は人それぞれ、仕事に何を求めるのかを考えてみよう何をもって「安定した職業」と考えるかは人それぞれです。まずは自己分析をし、自分が仕事に何を求めているのかを考えてみましょう。そして、希望の職業が将来的に安定しているのかを見極め、自分に合った仕事を探しましょう。

READ MORE

alt

AO入試(総合型選抜)における志望理由書の書き方とは?例文やポイントを紹介

ナレッジ

AO入試(総合型選抜)を始め、各大学を受験する際には志望理由書の提出が必要です。ひとことで志望理由書といっても、受験する大学や学部によって書き方は異なります。志望理由書は受験の合否結果に大きく影響するため、しっかりとポイントを抑えて丁寧に記載する必要があります。本記事では、AO入試(総合型選抜)における志望理由書の書き方やポイント、具体的な例文についても紹介しているので、ぜひ最後までご覧ください。AO入試(総合型選抜)における志望理由書とはAO入試(総合型選抜)における志望理由書とは、これまでにどのような経験をしてきたかや、これからのビジョンややりたいことが何なのかを、志望先の大学が確認するための書類です。一般入試の場合は学力試験において成績が良い人から順番に合格させますが、AO入試(総合型選抜)は学力試験はもとより、人柄や論文の内容、そして志望理由書にも重きを置いて総合的に合否を判断します。志望理由書では、自分がこれまでに何をしてきて、どうしてその大学を志望しているのかを大学側にアピールする必要があります。AO入試(総合型選抜)の志望理由書を書く前にやること3つAO入試(総合型選抜)の志望理由書を書く前にやることは大きく分けて3つあります。1つずつ解説します。1.なぜその大学を希望したのかを考える志望理由書を書き始める前に、なぜ自分はその大学に入りたいのか、改めて考えてみることをおすすめします。AO入試(総合型選抜)では学力試験や論文提出の他に、基本的には面接試験もあります。面接試験では必ずと言っていいほど大学の希望理由を聞かれるので、なぜ他の大学ではなく、なぜ受験している大学がいいのか、答えられるようにしっかり準備しておく必要があります。2.なぜその分野を志望したかの理由を考える希望する大学に入りたい理由の深掘りとあわせて、なぜその分野を志望したかについても自分の言葉で話せるようにしておきましょう。「なんとなく楽しそうだから」「面白そうだから」などといったふわっとした理由だと合格率が下がってしまうので、しっかりと論理的に、その分野を志望する理由を答えられるように準備しておく必要があります。3.今後のキャリアや、やりたいことについて考える今後のキャリアや自分のやりたいことについても、志望理由書を書く前に考えてみましょう。自分が成し遂げたいことや、理想の生き方・キャリアから逆算して、大学を選んだということが伝わると良いでしょう。AO入試(総合型選抜)の志望理由書を書くときに気をつけるべきポイント4点続いて、AO入試(総合型選抜)の際に気をつけるべきポイントを4つ紹介します。大学のアドミッションポリシーを意識して記載する大学が公表しているアドミッションポリシーを意識して志望理由書を記載するようにしましょう。アドミッションポリシーとは、大学が大切にしている考え方や基準などを示したものです。AO入試(総合型選抜)では、大学の価値観と志望者がマッチしているかも、大切な選考基準です。そのため、アドミッションポリシーと絡めた志望理由を記載すると合格率が高まります。小中高時代にやってきたことと、大学でやりたいことを関連づけるこれまでに頑張ってきたことや達成したことなどがあれば、積極的に志望理由書に記載していきましょう。その経験を活かして大学でやりたいことを記載すると、説得力が増してより良いでしょう。具体的なエピソードを盛り込んで記載する志望理由書には高校生までに頑張ってきたことや達成してきたことなどについて、なるべく具体的なエピソードを盛り込んで記載するのがポイントです。自分の経験について具体的に記載することで、話に説得力と深みが増します。具体的なエピソードを書く際には、その体験を通じて自分自身がどう変化したか、まで記載すると、成長をアピールできます。自分自身の言葉で記載する志望理由書は必ず自分自身の言葉で記載するようにしましょう。インターネットや生成AIなどから見つけてきた文書を引用しても、オリジナリティがなく結果的に他の人と差別化できません。自分がこれまでに経験したことを振り返り、言語化することで、思考の整理にもつながるため、必ず自分の言葉で記載するようにしましょう。AO入試(総合型選抜)の志望理由書を書く前にやっておくこと4つここからは、実際に志望理由書を記入する前にやっておくべき4つのことについて説明します。1.しっかりと自己分析をしておく志望理由書を記入する前に、しっかりと自己分析をすることが大切です。AO入試(総合型選抜)は性格や人柄など、人間性についての質問もたくさん受けます。そのときにしっかりと答えられなければ、受験の合格率は下がってしまいます。自己分析をすることでこれからやりたいことへの解像度も上がります。自己分析は一人で行うのではなく、家族や友人、先生などから自分の強みや弱みをあらかじめヒアリングするなどして、しっかりと自己理解を深めるようにしましょう。2.オープンキャンパスや説明会に参加して情報収集する志望する大学のオープンキャンパスや大学説明会などに、参加することをおすすめします。オープンキャンパスや説明会に参加することで、ホームページでは分からないリアルな空気感や雰囲気を肌で感じとることができます。実際に入学してから想像と違った、と後悔しないためにも、できるだけオープンキャンパスや説明会には参加しておきましょう。3.大学の職員に積極的に質問してみる大学の職員と話せる機会があれば、大学での研究内容などについて、積極的に質問することをおすすめします。実際のリアルな声が聞けるほか、もしかすると積極的に質問することで、AO入試(総合型選抜)時にその意欲を評価してもらえるかもしれません。4.現在所属している大学生へ質問してみる職員以外にも、大学に通っている現役大学生にも質問してみてもいいでしょう。自分が希望する学部にはどんなタイプの人が多いのか、どんな学生生活を送っているのかを知ることで、入学後のリアルなイメージを持つことができます。入学後のイメージの解像度が上がり、志望理由書の内容にも厚みが出るでしょう。 志望理由書の構成例2パターンを紹介最後に、志望理由書の書き方の構成例を2パターンを紹介します。例文1:将来やりたいことをベースに記載する1つ目のパターンが、将来やりたいことをベースに志望理由書を記入するパターンです。将来の理想のキャリアややりたいことをもとに、逆算して大学で学びたいことや大学に入りたい理由を記載していきます。直近で学びたいことと将来のキャリアに一貫性があれば、志望理由に説得力が出ます。例文2:社会問題について、大学で学びたいことと関連づけて記載する2つ目のパターンは、自分が興味関心のある社会問題について述べ、それに関連して大学で学びたいことを記載するパターンです。現状の社会問題の課題や改善点を述べ、どうして大学に行きたいのかを社会問題と関連づけて志望理由書を書くのもAO入試(総合型選抜)の志望理由書においては効果的です。より良い志望理由書を作成してAO入試(総合型選抜)に挑もうAO入試(総合型選抜)における志望理由書の書き方や例文について解説しました。志望理由書は自分がどうして大学に入りたいかをアピールする貴重な機会です。嘘のない範囲で将来のキャリアややりたいことと、大学側が学生に求めていることを関連付けて志望理由書を記入すると、より合格率が高まります。ぜひ本記事を参考に、より良い志望理由書を作成してみてください。

READ MORE

alt

大学進学の最大のメリットは”機会の最大化”

ナレッジ

「漠然と大学進学を考えていたけど、大学に行く意味って何?」と疑問を抱える人もいるのではないでしょうか。しかし、大学には「学びの場」「新しい価値観に出会える場」「経験の場」などの役割があり、これからの人生において機会を最大化できます。この記事では大学に行く意味や理由について詳しく解説します。進路選択の時期を迎えた高校生や受験生の皆さんは「大学に行く意味って何?」「進学する必要あるのかな?」と疑問や違和感がわいてきた人もいるのではないでしょうか。高校卒業後の進路は人生の岐路になるので、自分が納得できる情報を集めましょう。大学に進学するメリットは?大学で得られるメリットは単に学びを深めるだけではありません。人によってメリットと感じる部分は異なりますが、ここではイメージしやすいようにいくつか紹介します。学ぶのに最適な環境が整っている大学進学のメリット1つ目は、「大学は学びを深めるのに最適な環境が整っている」ことです。大学には教授・准教授を始めとし、各学問の専門がいます。特定の分野の専門家が身近におり、気軽に質問できる環境というのはなかなかありません。また大学の図書館には様々な分野の専門書籍や論文があります。これらの書籍や論文を社会人になってから読もうと思ってもなかなか難しいです。自由な時間が与えられる大学進学のメリット2つ目は、4年間の時間を確保できることです。特にやりたいことが見つかっていない高校生は必見ですが、大学進学し時間を作ることで、興味を持てる分野が見つかったり、学びたいことが増えたりするメリットがあります。自由な時間で本を読んで知見を深めたり、就職したい分野の業界研究を行ったり、資格取得に向けた勉強に打ち込むなど有意義な4年間を過ごせるようにしましょう。自身の生活環境を変えるチャンス大学進学のメリット3つ目は、自分を取り巻く生活環境を変えられることです。生活面では大学進学後、実家を出て1人暮らしをする学生はこれまでとは違う土地に住むことになります。掃除・選択・自炊など自分のことは全て自分で行わなければいけないので、大変かと思いますが、生活力を養えたり、計画的に生活する面白さがあります。大学に進学する意味やメリットは人それぞれ「大学に行く意味って何だろう?」と悩んだことがある人はいませんか?大学に行く意味が明確になっている人もいれば、何となくで大学に行こうと考えている人もいるかと思います。ここでは大学に進学する理由や意味をいくつか紹介します。専門的な学問を学びたい専門的な分野を学ぶのは、大学に行く大きなメリットの一つです。大学では高校よりも専門的な学びを得ることができます。専門の分野ごとに学部が分かれており、自分の興味のある学問を4年間学べます。大学の学部をいくつか紹介すると、文学部、社会科学部、経済学部、工学部、理学部、教育学部、医学部、薬学部などがありその中でもさらに分野が細分化されています。また大学よりもさらに専門的に学びたい人は、大学院へ進学する選択肢もあります。将来選択できる職業の幅を広げたい就職の幅を広げることも、大学に行くメリットの1つです。中には大学に行ったうえで国家試験に合格しないと就職資格がないものもあります。将来、専門的な知識を必要とする職業を目指しているのであれば、大学に進学することをおすすめします。例えば弁護士や裁判官など法曹界では高度な知識が求められます。大学で専門的な知識を体系的に学ばないと試験に合格するのは難しいので、大学進学は避けては通れない道です。色々な価値観の人に出会いたい様々な価値観を持っている人に出会えるのも、大学にメリットの1つです。高校までは自分の住んでいる地域の中でしか出会いがなく、似たような考え方や習慣の中で生活することが多かったと思います。しかし大学には全国から学生が集まってくるので、文化や食習慣、方言も違うでしょう。異なる生活環境に身を置くことにより、自分が今まで思いつかなかった斬新なアイデアや発想に出会えます。またそういった中で同級生と切磋琢磨することで、自分自身の考え方をより良い方向へと持っていき、可能性を広げることができるでしょう。インターンシップや起業などに挑戦してみたい新しいことに挑戦するのも、大学に進学するメリットの1つです。インターンシップとは大学生が企業で一定期間働く職業体験のことを指します。アルバイトと違い企業の一員として働き、スキルアップを目的としていることから、企業側も学生に対し社員同様の目的意識や責任感を求めています。大学生の中には自ら事業を興して活動する人もいます。自分のアイデアを実現させたい、革新的なサービスを作りたいなど強い意志を持っている人は挑戦してみてはいかがでしょうか。どちらも学生のうちからより実践的なスキル・経験を身に付けられるので、将来を見据えて今のうちから活動したい学生におすすめです。サークルやキャンパスライフを満喫したいキャンパスライフを謳歌するのも大学に行く1つの意味です。大学の学園祭やイベントに遊びに行ってキャンパスライフに憧れを持った人もいるのではないでしょうか。もちろん学生の本分は勉強ですが、多くの大学生は部活やサークル、イベント等を楽しんでいます。部活やサークルでは他学部の学生と繋がりを持てたり、OB・OGのつてで新たなコミュニティやチャンスに巡り合ったりできます。大学に進学しないことで考えられる機会損失では逆に大学に進学しなかった場合、どのような機会損失が考えられるのでしょうか。卒業後の進路が狭まる機会損失1つ目は、進路の幅が狭まることです。就職活動の新卒採用において大卒以上の学歴を必要とする企業が多くあります。もちろん高卒・専門卒でも受けられる企業はありますが、大卒よりは数が少なくなります。また大学を卒業することでしか目指せない職業もあるので、自分の進路の幅を広げるためにも大学に進学することはおすすめです。生涯平均年収は大卒と高卒で変わる可能性も機会損失2つ目は、年収の幅が変わる可能性があることです。ユースフル労働統計2022-労働統計加工指標集-によると大卒の生涯賃金が男性:2億7千万円、女性:2億2千万円に対し、高卒の生涯賃金は男性:2億1千万円、女性1億5千万円と大きく差があります。この指標はあくまで可能性の話であり、年収は学歴を問わずその人の働き方や職業によって異なります。しかし、一般論として大学に進学することで年収が上がる場合が多いです。参考URL:ユースフル労働統計2022 ―労働統計加工指標集―|労働政策研究・研修機構(JILPT)出世のスピードに差が生まれてしまう可能性がある機会損失3つ目は、出世スピードに差が生まれる可能性があることです。令和元年賃金構造基本統計調査結果をみると大卒の初任給が21万200円に対し、高卒は16万7,400円という結果でした。その後の年齢別の平均賃金を見ても、年齢を重ねるにつれて大卒と高卒の幅は大きくなっています。ただし出世のスピードの差も年収同様、あくまで可能性の話です。一般論的には大卒の方が昇進が早いと考えられるでしょう。参考URL:1 学歴別にみた初任給|厚生労働省 (mhlw.go.jp)自分にとって大学に行くメリットを明確にしよう大学に進学するメリットは人それぞれですが、ただ周囲が行っているからと漠然と進学するのではなく、自分なりの意味を持って入るようにしてください。「自分は大学に行って何を学びたいのか」「大学に行くことで成し遂げたいことは何か」を明確にすることで、有意義な大学生活を送れるでしょう。

READ MORE

alt

AO入試(総合型選抜)の出願時期や対策について紹介

ナレッジ

総合型選抜とも呼ばれるAO入試を受ける学生は少しずつ増えています。一般入試に比べ、AO入試は出願が早く、受験の対策方法も異なります。そこで本記事では、AO入試の出願時期や対策はもちろん、具体的な日程スケジュールや合格率を高めるためのポイントについてもわかりやすく解説します。これからAO入試を受けようと思っている学生の方や、その保護者などにとって必見の内容となっているので、ぜひお読みください。AO入試のスタート時期はいつから?AO入試のスタート時期は、私立大学と国公立大学でそれぞれ異なります。AO入試を受けるうえで気をつけるポイントは「エントリー」と「出願」が異なることです。まずエントリーは、希望大学に出願するための申し込みや手続きのことを指します。エントリーを経て、AO入試を受けたい大学に「出願」する流れになります。エントリー方法は大学によって異なりますが、基本的にWebからエントリーができるほか、オープンキャンパスや説明会でもエントリーできる場合があります。そのうえで、私立大学と国公立大学の大まかなスタート時期について解説します。なお、ここから述べるスケジュールはあくまで一般的なスケジュールになります。それぞれの大学によってスタート時期が異なることもあるので、自分が受けたい大学については、しっかりとチェックしておきましょう。私立大学のAO入試のスケジュール私立大学のAO入試のスケジュールですが、国公立大学も含めて8月1日から出願となっています。8月より出願がスタートし、ほとんどの学校は12月までには合否がわかります。なお、大学によってはAO入試を何回かに分けて行うこともあります。AO入試の回数も、あらかじめチェックしておきましょう。国公立大学のAO入試のスケジュール国公立大学のスタート時期は私立大学に比べてやや遅く、出願は9月からになります。その後、11月〜12月中旬にかけて合否が発表されるといったスケジュールが基本です。専門学校のAO入試のスケジュール参考までに専門学校のAO入試のスケジュールも記載します。専門学校のAO入試のスタート時期は大学と比べると早く、6月から9月にかけて出願がスタートする大学がほとんどです。なお、年内には合否がわかります。AO入試の具体的なスケジュールと動きここからは、より具体的なAO入試のスケジュールとやることを紹介します。なお、ここまで述べたように細かいスケジュールは大学によって異なります、紹介するスケジュールはあくまで参考として考え、受ける大学についてしっかりと確認してください。【6月】募集要項スタート早い大学だと6月には募集要項が公表されます。募集要項には、出願に必要な書類の送付先や出願書の締切日などが書かれています。漏れなくしっかりと確認するようにしましょう。【7月】願書配布7月頃になると願書が配布されはじめます。願書は大学の窓口や公式サイトのほか、書店や予備校などでも入手できます。大学によってはオープンキャンパスや入試説明会でも配布することがあるため、あらかじめチェックしておきましょう。【8月】出願願書を受け取ったら、いよいよ出願します。願書には氏名や住所、これまでの学歴などを書きます。また、自分の写真も必要です。直前に慌てないよう、あらかじめ用意しておきましょう。【9月〜10月】選考開始出願を終えたら、いよいよ選考が始まります。入試の合否ですが、AO入試は志望理由書や小論文の内容、面談などにより総合的に判断されます。大学によって選考方法が異なるため、自分が受けたい大学についてしっかりと調べておきましょう。【10月末〜12月】合格発表選考を終えたら、10月末から12月にかけて合否が発表されます。合否は大学の掲示板やWebからチェックできます。AO入試の対策を始める時期AO入試の対策はいつから始めるのがいいでしょうか。もちろん、AO入試の対策は早く始めれば始めるほど合格率が高まります。ここからは合格のためのポイントや具体的なスケジュールについて解説します。なるべく早くから勉強し始めることが大事なるべく早くから勉強を始めることで、合格率を高めることができます。周りの受験生からリードするためにも、早めに受験対策を始めることをおすすめします。理想なのは高校2年生の夏からAO入試の対策は早ければ早い方がいいとお伝えしましたが、高校2年生の夏には対策を始めたいです。なんとなくでもいいので、自分が行きたい大学や学びたい分野などについて考え始めることをおすすめします。高校3年生の春から対策しはじめるのが一般的一般的に、受験対策は高校3年生の春頃から始めることが多いでしょう。少しずつで大丈夫なので、受験を意識して追加で勉強したり、自分の将来のキャリアについて考え直したりするとよいでしょう。高校3年生の夏以降に始めても合格はできる高校3年生の夏頃から対策を始めても、決して遅くはありません。スタートが少し遅くても、きちんと努力すれば巻き返せるでしょう。ただし何度も言うように、早く始めておいて損をすることはありません。AO入試の合格率を高めるためのポイント3選AO入試の合格率を高めるためのポイントについて紹介します。ポイントは主に下記の3点です。面接時に話せる活動実績を作っておくAO入試の面接のときに、自信をもって話せる活動実績を作っておきましょう。語学留学やインターンシップ、アルバイトリーダーなどなんでも構いませんが、他の人と差別化できるような活動があると、大学から評価されやすいです。積極的に活動し、活動について自信をもって話しましょう。小論文の練習をする小論文の練習にもしっかりと取り組んでおきましょう。論文テーマは大学によって異なりますが、論理的に文章を組み立てる力を付けることで、説得力のある文章が書けるようになります。合格率を少しでも高めるためには、より良い小論文の提出が欠かせません。小論文の練習をすることはもちろん、LINEのメッセージやSNSへの投稿など、文章を書くときは常にわかりやすさを意識するといいでしょう。希望大学のアドミッションポリシーを把握しておく各大学が公表しているアドミッションポリシーについて、しっかりと把握しておきましょう。アドミッションポリシーとは、大学側が大切にしている理念や考え方をまとめたもので、どんな学生に入学してほしいかを示しているものです。アドミッションポリシーについて理解すること、嘘のない範囲で学びたいこととアドミッションポリシーを結びつけることで、合格率を高められるでしょう。AO入試のスタートに備えて早めの対策を心がけようAO入試のスケジュールや合格率を高めるためのポイントについて解説しました。AO入試のスタートは国公立大学と私立大学でやや異なるものの、基本的には6月〜8月にかけて出願が始まり、年内には合否が発表されます。ただし、細かい日程は大学によって異なるため、必ず事前にチェックしましょう。

READ MORE

alt

高卒の給料と平均年収・年収アップの5つのコツ

ナレッジ

一般的に高卒の平均年収は、厚生労働省の調査によると大卒に比べて約89万円も低いと言われています。しかし、この数字はあくまで参考値でしかないため、実際には高卒でも高待遇を目指せる職種や、学歴に関係なく給与を伸ばす方法は少なくありません。そこで今回は、高卒でも就職しやすい職種や、スキルや努力次第で給料を伸ばしやすい仕事について解説します。大学への進学か就職で迷っている方や、大学卒以外でも高収入を目指せる業界・職種を知りたい方は、是非参考にしてくださいね。高卒の年収は平均274万円厚生労働省によって行われた調査によると、高卒の平均年収は約274万円となっています。(引用:https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2022/dl/03.pdf)大卒より4年早く社会に出て経験を積めるものの、給料の差は初任給だけでなく、勤続年数に応じた昇給率にも大きく影響するのが現状です。大卒の平均年収は363万円、差額は89万円によると、大卒の平均年収は363万円、高卒との差額はおおよそ89万円程度です。東京や大阪を始めとする都市部では400万円を超えるエリアもあり、地方でも300万円を切ることはほぼないので、大卒と高卒における平均年収の差が顕著に現れています。高卒の年代別の平均年収高卒の年代別の平均年収は、男女で差があることも生まれるのも事実です。高卒者における男性・女性の平均年収を比較しましょう。男性高卒者の年代別の平均年収男性高卒者の平均年収を年代別にまとめると、以下のようになります。 年代平均年収(千円)〜19歳188.220〜24歳211.425〜29歳239.230〜34歳263.835〜39歳287.240〜44歳311.245〜49歳335.450〜54歳346.455〜59歳350.360〜64歳279.265〜69歳241.270歳〜220.7(参考:​​https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2022/dl/03.pdf)女性高卒者の年代別の平均年収女性高卒者における年代別の平均年収は、以下の通りです。 年代平均年収〜19歳178.720〜24歳193.525〜29歳205.330〜34歳214.435〜39歳220.240〜44歳229.245〜49歳234.750〜54歳240.255〜59歳242.160〜64歳211.465〜69歳197.270歳〜204.7(参考:​​https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2022/dl/03.pdf) 統計を見ると、同じ高卒者でも男性の方が女性よりも平均年収が数十万円〜100万円ほど高い傾向にあることがわかります。大卒や大学院卒においても同様な現象が見られるものの、男女両方において高卒と大卒以上の給与の差が100万円以上現れている年代も存在しているのが事実です。高卒が大卒よりも給料が低い理由高卒が大卒よりも給料が低い理由は学歴至上主義やフィルターにあり、未だに多くの企業にこの考え方が残っているのが事実です。なぜ高卒は大卒よりも給与が低くなりがちなのか、具体的な理由を解説します。専門的な知識やスキルに不安を感じられてしまう大学では高校までの一般教養や主要科目とは異なり、特定分野における専門知識やスキルの習得や、アルバイトやインターンシップを通した社会勉強が可能です。しかし高卒の場合、商業や工業系の学校でない限り、社会人になってから業務を覚えるのに必要な専門知識に触れる機会が少なくなってしまいます。多くの企業における採用担当者に「高卒=大卒よりも専門知識やスキルが少ない」と先入観を抱かれがちなのも、高卒者の給与が伸びにくい原因の一つです。学歴フィルターにより、就職できる業界・業種が限られる学歴フィルターとは、企業が採用活動を行う際に学歴を採用・評価の判断材料として重要視することを指します。多くの大企業では、応募条件を大卒以上に限定していたり、特定職種のみ募集しているケースもあるため、高卒の場合は自然に選択肢が狭まってしまうのです。学歴が高いほど給料も高くなるよう、給与体系が組まれているから学歴フィルターや大卒者への優遇は、初任給だけに止まりません。多くの企業における給与体系自体が高卒と大卒で異なるケースは多く、場合によっては同等の業務を行っていても、支払われる金額に十数万円以上の差が現れます。高卒でも就職しやすく、給料が高い業界高卒は大卒に比べて就職や給与アップに苦労するイメージですが、中には学歴を問わず就職しやすく、スキルによっては高待遇を狙える業界も存在します。高卒でも就職しやすく、高い給料を狙いやすい業界を3つ見てみましょう。実力次第でかなり稼げる「保険営業職」保険営業職は、高卒でも実力次第ではかなり稼げる職種として有名です。完全歩合制の求人も多く、労働環境やノルマが過酷なためハイリスクではあるものの、能力次第で大卒以上の給与を得られるようになっています。保険営業よりも低リスクな「営業職」保険業界以外の営業職は、高卒でも比較的低リスクでチャレンジ可能です。営業職はあらゆる業界において必要不可欠なポジションなので、入社後にノウハウを身につければ、高卒でも安心して生活していける給与を稼げます。中には成績に応じてインセンティブが支給される企業もあるので、やりがいのある仕事を求めたい高卒の方にもオススメです。20代なら未経験も可「IT・情報通信」ITや情報通信業界の場合、20代なら高卒でも未経験からの応募を受け付けている企業も少なくありません。中でもITエンジニアやプログラマーは人手不足から、高卒で未経験でもポテンシャル重視で採用活動を行っている会社も多いので、興味のある方は情報収集を行いましょう。就職しやすく、資格取得で上を目指しやすい「介護職」人材不足により就職難易度が低く、資格や実績によって上のポジションを目指しやすい介護職も、高卒から挑戦しやすい職種の一つです。介護職は基本給が低く大変なイメージがあるものの、実務経験を積んで業務の幅を増やすことで、学歴を問わず管理職へキャリアアップしやすいのが魅力となっています。短期集中で貯金をつくるには最適な「長距離ドライバー」長距離ドライバーは、短期集中型で貯金を作りたい高卒の方にとって魅力ある職種です。大型免許の取得が必要なほか、体力的にも過酷な業務が多い反面、高卒でも比較的高い給与を得やすいことで知られています。高卒で給料を上げるために、今すぐできる5つのこと高卒で就職した方が給料を上げるためには、目標の明確化や業界選びが欠かせません。自分のなりたい姿を思い描きつつ、資格取得やスキルアップに努めるのも大切です。高卒でも給料を上げるための思考・行動のポイントを解説します。まずはキャリアプランを明確にする給与を上げるための方法を考えたい方は、まず将来のキャリアプランをしっかり固めましょう。目先の収入ばかり追いかけるのではなく、長期的に活用したいスキルの習得に努めつつ、数年後の目標を立て、逆算して継続的なスキルアップに努めるのが大切です。昇給しやすい業界・業種に転職する自分のなりたい理想像がある程度固まったら、次は高卒でも昇給・キャリアアップしやすい業界・職種をリサーチして選ぶステップです。学歴よりもスキルや成績が重視され、実力次第で高収入を得やすい業界・職種について調べたら、次は自分自身の特性や価値観に応じて、興味のある分野を絞り込みましょう。スキルアップや資格取得でキャリアアップを狙う挑戦したい目標やチャレンジしたい業界・職種を考えつつ、転職活動と同時に自身のスキルを継続的に伸ばすことも必要不可欠です。資格取得により手当を得たり、スキルアップして人材としての価値を高めましょう。複業で収入源を増やす「どの業界も想像以上に給与・待遇が良くない」「高卒でもお金を貯めたい」と考える方は、複業を通して収入源を増やすのも選択肢として考えましょう。復業を考えたい方は、安定した収入を得られる仕事を本業として続けつつ、無理のない範囲で空き時間を活用してできる副業を探すのがオススメです。学歴不問のフリーランスになる学歴や職歴に囚われず、専門知識やスキルを活かしたい方は、フリーランスへの挑戦も検討しましょう。フリーランスの場合、会社員とは違って安定した給与はもらえないものの、時間や固定給に縛られないため、スキル次第では学歴を問わず高収入も狙えます。高卒の給料は戦略と努力次第で上げられる高卒の平均年収は多くの業界において、大卒よりも低い傾向にあります。しかし、学歴よりも実力を重視される業界や職種を選ぶ、複業や独立をしたりするなど、大卒以上の給料を得る方法も世の中には様々です。高卒での就職を考えている方、大卒以上の給料を稼ぎたい方は、学歴に囚われず高待遇を目指せる働き方を実現するため、継続的なスキルアップに努めましょう。

READ MORE

alt

学歴フィルターはどこから?企業が重視する理由とは

ナレッジ

本記事では、大学や企業が学歴フィルターを取り入れる理由、取り入れている企業の特徴などを解説します。学歴フィルターを取り入れている企業の特徴を知りたい方や対策などを知りたい、という方は参考にしてください。学歴フィルターとは?学歴フィルターとは、企業が採用活用の際に、高校や大学などの学校名を選考の基準にすることをいいます。就職活動を始めると、「学歴フィルター」という言葉を耳にする機会も増えるかもしれません。企業が「当社は選考に学歴フィルターを採用している」と明言することはありませんが、合格した人の傾向などから、学歴フィルターを採用しているのでは?とささやかれることもあります。企業の内部で実施されているかもしれない学歴フィルターですが、決して差別的に実施しているわけではなく、企業の考えや仕事内容によって必要なケースもあります。本記事では、大学や企業が学歴フィルターを採用する理由、取り入れている企業の特徴などを解説します。学歴フィルターはどこから?まず気になる、どのレベルの大学であれば学歴フィルターを通過できるのかについて解説します。学歴フィルターの通過ラインは、基本的に「国公立」「MARCH」「関関同立」と呼ばれる大学などです。これらの大学を合格の基準として使うことが多い傾向にあります。国公立大国公立大学はいうまでもなく、国や市などが設立した大学を指します。国公立は、偏差値の幅が私立大学よりも狭く、センター試験の受験が必須であることから、一般的に難易度が高いとされています。そのため、国公立大に対する評価が高く、国公立大以上、という基準で判断する企業もあります。MARCHMARCH(マーチ)は関東にある次の私立大学グループのことを指します。 明治大学青山学院大学立教大学中央大学法政大学 最近では、関東の私立大学で新しいカテゴリーとして、MARCHに学習院大学を加えた「GMARCH」や上智大学と東京理科大学を加えた「SMART」という新カテゴリーも使われ始めました。このように、大学の難易度は普遍ではないため、時代の変化とともにトップ層が入れ替わることがあります。関関同立関関同立(かんかんどうりつ)は、関西の私立大学で次の大学のことを指します。 関西大学関西学院大学同志社大学立命館大学 関西の大学は現在、関東の大学のようにトップ層の入れ替わりは見られません。これらの大学は、日本の大学の中でも合格難易度が高いとされている大学ですが、学歴フィルターは、企業が「自社で働くには、このレベルであることが必要」と、定めているものであり、いわば、足切りのラインということです。優秀であることには違いないですが、最難関ということではないため、注意しましょう。企業が学歴フィルターを取り入れる3つの理由学生側にしてみれば、学歴で足切りをするなんて、と思うかもしれませんが、企業側が学歴フィルターを採用するのには理由があります。ここでは、企業が学歴フィルターを行う理由を3つ紹介します。 社員の能力を把握するため優秀な社員を確保するため効率的な採用を行うため それぞれ解説します。社員の能力を把握するため企業側が学歴フィルターを採用する理由の1つは、社員の能力を把握することが挙げられます。企業では、専門性の高い知識が必要な場合や、海外と取引を行っている企業で言語スキルが必要な場合などがあります。学歴フィルターを通過する学歴の方は、高い専門性を持っていたり、言語能力が高かったりする可能性が相対的に高い傾向があります。企業側も採用活用は時間とお金のコストがかかるため、できるだけ優秀な人材を確保したいと考えているため、実際は、入社して働いてもらわないとわからないことであっても、学歴フィルターを活用することで失敗するリスクを下げているのです。優秀な社員を確保するため優秀な社員を確保するために、企業は学歴フィルターを活用していると考えられます。学歴で判断することで、ある一定以上の能力を持った人材を確保しやすくなります。高学歴出身者は、厳しい試験を突破している方なので、コツコツ努力できる人や我慢強さを持っている人が多い傾向にあります。そのため、仕事で壁にぶつかったときにも、逃げ出さずに仕事をやり遂げる人が多く、優秀な社員になることが予想されます。学生のうちの本分である学業で、努力できる人なのか、忍耐力があるか、などをはかっているのです。効率的な採用を行うため効率的な採用を行うために、学歴フィルターを取り入れている場合があります。企業は採用する際に、何千人、何万人という学生を見て、採用を判断しなければならず、採用活用には時間がかかります。採用活動に多くの時間をかけられないため、できるだけ優秀な社員を効率的に集めたいと考えているのでしょう。効率的に学生の能力を把握するために、学歴を1つの判断材料としていることが多いです。学歴フィルターを取り入れている企業の2つの特徴では、学歴フィルターを取り入れている企業はどんな企業でしょうか。その特徴を2つ紹介します。 大手企業リクルーターを採用している企業 大学に進学する手前の段階から知っておくことで将来どんな大学にいくべきか、などの参考になります。大手企業学歴フィルターを取り入れている企業の特徴として、大手企業が挙げられます。大手企業は、人気が高く志望する学生が多いため、求人倍率が高い企業は採用活動を効率化したいと考えています。求人倍率が高い場合、高い学歴を持った学生の人数も自然と多くなります。大企業の場合は、期間中に自社に適した学生を採用するために、学歴フィルターを採用することがあります。リクルーターを採用している企業リクルーターを採用している企業は、学歴フィルターを取り入れていることが多いです。リクルーターとは、企業の若手を中心とした採用担当者のことで、大学の先輩が後輩と会話しながら採用を進める方式です。優秀な学生を早めに確保する目的でリクルーターを採用しています。企業の採用担当は、優秀な学生を採用したいため、自社に勤める優秀な社員に協力をあおぎ、後輩である学生と接触してもらいます。そのため、学歴フィルターに該当するような有名大学の社員を選ぶことが多くなります。リクルーターを採用している業界には、大手電力会社や建設会社、銀行などが挙げられます。学歴フィルターを乗り越える3つの方法学歴フィルターを取り入れている企業に入社したい方は、学歴フィルターを乗り越える必要があります。ここでは、学歴フィルターを乗り越える方法を3つ紹介します。 選考書類にこだわる学歴以外でアピールできる部分を作る採用試験で高得点を取る それぞれ解説します。選考書類にこだわる学歴フィルターを乗り越える方法の1つに、選考書類にこだわることです。学歴フィルターを取り入れている企業は、求人倍率が高く、他の学生と差別化をしなければなりません。書類作成時に、ネットにあるテンプレートに沿って書くのではなく、自分の言葉で書く必要があります。自分の過去の失敗や自分が成長できた出来事など、自分が入社してできることを書類に記入しましょう。学歴以外でアピールできる部分を作る学歴以外でアピールできる部分を作ることも、学歴フィルターを乗り越える1つの方法です。例えば、「全日本〇〇大会出場」や「コンテスト〇〇賞受賞」のような実績が必要です。目立つ実績があることで、1つのことに集中して取り組めることをアピールできるでしょう。採用試験で高得点を取る採用試験で高得点を取ることで、学歴フィルターを突破できる可能性があります。採用試験にはSPIや一般常識テストなどがあり、試験対策をすることで、高得点を獲得できます。試験で高得点を取ることで、高学歴の方と同じ能力を持っていることをアピールできるでしょう。採用試験で高得点を取りたい方は、早めに試験勉強を始めることが大切です。就職が不安な方ははたらく部の無料体験に申し込もう本記事では、学歴フィルターの大学や企業が学歴フィルターを行う理由、取り入れている企業の特徴などを解説しました。今後、中学校や高校で進路先について調べると、悩むことが多くなるでしょう。はたらく部では、将来に不安を抱えている学生に、学校以外の場所を提供しています。学生と大人が一緒になって、社会に出てからしか学べないことを学ぶことができます。はたらく部にご興味のある方は、以下のリンクから無料体験に申し込んでみましょう。https://hatarakubu.jp/ 

READ MORE

alt

総合型選抜と他の受験方法が併願できるおすすめの大学8選

ナレッジ

総合型選抜と他大学・学部の別試験を併願できるかどうか疑問に思っている方は多いのではないでしょうか。この記事では総合型選抜で併願できるおすすめ大学を関東圏・関西圏に分けて紹介するとともに併願できる方法について詳しく解説します。総合型選抜で併願を受ける際の基本的なルール総合型選抜では原則として専願での出願が基本ですが、総合型選抜を受けながら他大学を併願することはできるのでしょうか。総合型選抜で併願受験を行う場合は2つの基本的なルールがあります。 ・併願受験は他大学と行う・総合型選抜で合格した者は必ずその大学に進学する 中には総合型選抜と併願できる大学もありますが、一般入試との併願と異なり特殊な制約がある場合が多いので、志望する大学の募集要項・注意事項をよく読んで理解しておきましょう。総合型選抜で併願は可能?総合型選抜とその他の受験方法を併願することは可能なのでしょうか。学校推薦型選抜(指定校推薦・公募推薦)、一般入試とそれぞれみていきましょう。総合型選抜と指定校推薦は併願できない指定校推薦を受験する場合は、基本的に総合型選抜と併願できません。指定校推薦は高校と大学の信頼関係がある上で成り立つ入試なので、対象者はその大学に入学することが確約できる学生のみとなっています。学内で指定校推薦を勝ち取った場合は、その時点で進路がほぼ決定になります。指定校推薦で合格確約したにも関わらず、他大学と併願しそちらの大学に入学してしまっては高校と大学の信頼関係にも悪影響を与えるのでおすすめできません。一方、指定校推薦を目指してはいたものの、学内選考で落選してしまった場合は、他大学の総合型選抜に出願しても問題ありません。総合型選抜と公募推薦の併願は大学による公募推薦を受験する場合、併願は大学によりますが、基本的には合格後の辞退は難しいです。理由は多くの大学で公募推薦の募集要項の中に「合格後には必ず入学できるもの」といった文言を記載している場合があるためです。しかし、以下の場合は総合型選抜と公募推薦の併願が可能になります。 ・総合型選抜と公募推薦の併願受験が認められている大学の場合・合格後に入学が必須の公募推薦を受けても、合格後に自体が認められている大学の総合型選抜を受ける場合(逆も同様) 自分の志望する大学の募集要項をよく確認しておきましょう。総合型選抜と一般入試は併願できる一般入試を受験する場合、総合型選抜との併願は可能です。理由は一般入試は入学することを確約するものではないため、合格後に入学を辞退する選択肢を取れるからです。ただし、合格後に自体ができない総合型選抜を実施する大学に総合型選抜で合格した場合は一般入試で合格した大学には入学できません。理由は、総合型選抜で合格した大学に必ず入学する必要が生じるからです。【関東編】総合型選抜で併願できる大学5選ここでは関東圏で「総合型選抜で併願できる大学」おすすめの大学を5つご紹介します。早稲田大学1つ目は、早稲田大学です。早慶の1つとして人気の有名私立大学ですが、他大学との併願、一般選抜との併願受験が可能です。 引用:入試要項・願書 – 早稲田大学 入学センター (waseda.jp)立教大学2つ目は、立教大学です。立教大学の総合型選抜では他大学との併願受験を禁止しておらず、公式サイトにもその旨が記載されています。 Q6.自由選抜入試は他大学との併願は可能ですか?A.他大学との併願は妨げませんが、立教大学での勉学に強い意欲を持っていることが重要です。 引用:2024年度特別入試についてのQ&A | 立教大学 (rikkyo.ac.jp)中央大学3つ目は、中央大学です。GMARCHのひとつでもある中央大学でも総合型選抜との併願が可能です。募集要項は以下の通りになります。本入試制度は自由応募制です。他の入試制度や本学他学部、他大学との併願を認めています。 引用:1_1.pdf (chuo-u.ac.jp)國學院大學4つ目は、國學院大學です。國學院大學の総合型選抜では、他学部・他大学との併願受験が認められており、募集要項には以下の記載があります。本制度は他大学との併願が可能です。本試験制度内における複数学科・専攻(法学部のみ)への出願はすべての学部・学科で可能です。 引用:00004965-推薦入試要項-No01-230626.indd (kokugakuin.ac.jp)帝京大学5つ目は、帝京大学です。帝京大学の総合型選抜では学部・学科、他大学との併願も可能となっています。以下帝京大学のアドミッションポリシーです。1.本学の建学の精神、教育理念および教育方針を理解し、本学にて学ぶことを希望する者。 引用:帝京大学で学びたい方 | 帝京大学 (teikyo-u.ac.jp)【関西編】総合型選抜で併願できる大学3選ここでは関西圏で「総合型選抜で併願できる大学」のおすすめを3つ紹介します。関西大学1つ目は、関西大学です。関西大学では併願受験が可能な総合型選抜を実施しています。関西大学の総合型選抜の出願条件は以下の通りです。 1関西大学における志望学部での勉学を強く希望し入学を志す者。 引用:yoko.pdf (microcms-assets.io)立命館大学2つ目は、立命館大学です。立命館大学では併願受験が可能な総合型選抜を実施しています。大学の公式サイトにも併願受験が認められる旨が記載されています。 Q.AO選抜入学試験を受けたいのですが、他大学との併願はできますか?A.併願は可能です。ただし、AO選抜入学試験の出願要件は「立命館大学を第一志望として勉学を希望する者」です。つまり、他大学と併願しても、合格した場合には立命館大学に入学することが前提です。 引用:(総合型選抜)AO選抜入学試験 入試Q&A|立命館大学 入試情報サイト (ritsumei.jp)神戸学院大学3つ目は、神戸学院大学です。神戸学院大学では併願受験が可能な総合型選抜を実施しています。大学の公式サイトにも併願受験が認められる旨が記載されています。 Q.他大学との併願は認められていますかA.他大学との併願が可能です。 引用:その他の入試について | よくあるご質問 | 入試情報 | 神戸学院大学 入試サイト (kobegakuin.ac.jp)総合型選抜で併願を考える際の注意点併願受験を考える際にはいくつか注意点があります。それは「学びたい事が学べるか」「第一志望と選抜内容が似ているか」「第一志望と選抜の日程が被っていないか」の3点です。総合型選抜で併願受験を検討している人は、それぞれの大学の募集要項をしっかりと確認しましょう。総合型選抜で併願する際は要項をしっかり確認しようご紹介してきたように総合型選抜で併願できる大学は多く存在します。しかし、闇雲に併願すればいいわけではないので、募集要項・注意点の確認が必要です。その上で併願する大学を絞って受験を有利に進めていきましょう。

READ MORE

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. ...